HOME > 包茎手術について学ぼう > 保険の対象となるのか(既婚者は妻の同意書 医療クレジット情報)

保険の対象となるのか(既婚者は妻の同意書 医療クレジット情報)

なんらかの理由で妊娠を避けるために選択するパイプカット手術は、精子が送られる精管を閉塞することで卵子と精子を受精をさせない避妊方法として有効と言えます。 しかし確認しておくべき点があります。 ひとつは、閉塞した精管を手術前の状態に復帰させることは非常に難しいということです。 したがって、パイプカットの手術をする決断は、慎重にする必要があります。 またパイプカット手術を受ける人が既婚者である場合には、配偶者の同意を得なければなりません。 これは、母体保護法という法律に規定されています。 健全な生殖能力を持っている人の機能を失わせる手術をするのですから、医師としては、その決断を確認する必要があるからです。 またパイプカットは保険が適用されない自由診療です。 したがって診察代や手術費用は、ほとんどが全額負担ということになります。 幅はあるものの、手術費用は10万〜20万程度を想定しておきましょう。 費用負担を考慮して、支払方法には現金のほか、クレジットカードや医療ローンの取り扱いをしているクリニックもあります。