HOME > 包茎手術について学ぼう > 包茎手術後に気をつけること

包茎手術後に気をつけること

悩みの種だった包茎を手術することによって解決すると、ついその成果を試したくなります。 しかし体でもかなりデリケートな部分を手術するわけですから絶対に無理は禁物です。 皮の切除に高周波メスを使い、極細の針と糸を使うなど縫合方法が進歩したとしても、生身の体は進化していませんから、縫合部の皮膚が完全に付くまでは、性行為や自慰は控えてください。 個人差はあるでしょうが、1週間から10日もすれば術後の男性器のむくみや縫合部の痛みも徐々に引いていきます。 この間は、入浴はしないでシャワーを使うことになるでしょう。 飲酒や激しい運動も控えてください。 順調に治癒すれば、3週間から1ヶ月ほどで全快するでしょう。 勃起した時に皮膚にツッパリ感やピリピリする痛みがなければ、性行為しても問題ないです。 男性の体の部分で男性器ほど外観が変わる部分はないので、しばらくは勃起時に皮膚の違和感を感じる場合があるかもしれません。 しかし痛みがなければ普段の生活を送ってもよいでしょう。