HOME > 包茎手術について学ぼう > 包茎手術の時間と費用について

包茎手術の時間と費用について

包茎治療の場合、真性包茎だけが保険適応になります。 深刻な包皮炎を伴った仮性包茎の手術でも保険適応にはなりません。 皮膚の炎症は薬で治るということで、手術は保険適応にはならないのです。 真性包茎の手術目的は、亀頭を出すことですから、排尿ができて射精もできれば手術は成功で、男性器がツートンカラーになったとしても何の問題もないと考えられています。 費用としては、初診料数千円、検査手技料、手術料と薬価の自己負担率を3割として10万円以内での手術も可能でしょう。 一方、自由診療の形成外科や美容外科では、手術前のヒアリング、勃起時と非勃起時の男性器の形を考慮した上での手術のデザイン検討、外科的手術と術後の薬まで考えると13〜20万円前後を想定します。 あくまで自由診療ですから、専門病院での包茎手術は、保険の適用が難しいプラスアルファの部分が多い手術となります。 費用の幅が大きくなることは想定しておきましょう。 手術に関しては、日帰りの手術がほとんどですから、カウンセリングは除いて一日を考えておけばよいでしょう。 麻酔も含め医療機器の発達によって手術時の痛みや出血はかなり軽減されています。 病院によっては麻酔の方法も違うでしょうが、標準的には、陰茎の根元に基礎麻酔を行ない、手術のための局所麻酔に対する痛みを軽くします。 手術後も伝達麻酔を行なって帰宅途中の電車の中などで痛みが出ない措置をします。 手術時間は1時間程度でしょう。 手術時の出血量は、高周波メスを使用する場合ならば、切り口の傷を凝固させながら手術を進めることができるので、ちょっとした鼻血くらいで、手術を終えることができます。