HOME > 包茎手術について学ぼう > 亀頭直下法

亀頭直下法

包茎手術専門の病院で、最も勧められている手術法が、亀頭直下法です。 亀頭の直ぐ下、俗に言う男性器のカリ首の直近の皮膚を切除するため、陰茎の途中の皮を切る環状切除法などの問題である、ツートンカラーの男性器にはなりません。 男性器の形は人それぞれで、大きさも、長さも曲がりやねじれている程度も違いますし、勃起した時の形や角度も違います。 包茎手術は、細かい点にまで行き届いた配慮ができるかどうかが重要です。 そこで専門医は、手術後の外観にも気を使い、勃起していない時と勃起した時の男性器を計測し、切り落とす部分のデザインをします。 完全オーダーメイドで、セックスの時の性感帯も考慮し、いわゆる裏スジ(包皮小帯)を切除しないで残すことも考えます。 包茎を手術したのに性感が鈍くなってしまったり、勃起するたびに皮が突っ張って不快な思いをするのでは、意味がありません。 包茎手術専門の医師であれば、男性器がツートンカラーになる心配もまずないでしょう。 自由診療ですから、費用は環状切除法よりも高くなりますが、一生に1度の手術ですから、包茎手術の専門医のもとで手術を受けるのが最良の方法だといえるでしょう。