HOME > 包茎手術について学ぼう > 包茎を自分で治す(仮性包茎を治す、オナニー)

包茎を自分で治す(仮性包茎を治す、オナニー)

かつて銭湯が一般的だった時代は、意識するまでもなく自分と他人の男性器を比べる機会がありました。 皮がムケてる人もいれば、さんまのように細長い仮性包茎の人もいたでしょう。 先が太かったり曲がっていたり、ねじれていたりする人もいて千差万別です。 その中で自分の男性器の皮が被っているのであれば、どうやったら大人のような先っちょがむき出しの男性器になるのか不思議に思う事もあったでしょう。 大人の男性器になるためには、自分でどうすればいいのか考えたり、男の子同士で話す機会があったでしょう。 あるいは、家の風呂であってもお父さんと自分の男性器の形の違いを見て、一人前の男の男性器とはどういうものであるか、生の実物を見て大いに参考になったはずです。 なんの恥じらいもなくその不思議が聞けて、どうしたら自分の男性器がそうなるのかという解決方法を知り、包茎から卒業するチャンスを適齢期に手に入れることができたという点ではいい時代だったといえます。 どうしたそうなるのかという疑問を持つことこそが、問題の解決につながるのです。 風呂に入るときに皮をムイて包皮の中まで洗う事や、オナニーをするときに意識的に亀頭をムキ出しにして、包皮を調整するなどの雑学や、実践経験を積んだおかげで真性包茎にならなくて済んだ男性器は少なくないでしょう。 しかし、最近は必要とも言える雑学と全く関わりなく、その知識を手に入れるタイミングを逃してしまった後に、成人してしまう男性が増えています。 その中には包皮がムケにくいあるいはまったくムケない「包茎の男性器の悩み」を抱える男性が、病院の門をたたいて手術という選択肢で、状況を改善するケースがよく見られるようになっています。