HOME > 包茎手術について学ぼう > 包茎での問題点を再確認する

包茎での問題点を再確認する

いわゆる一流大学を出て、一流の企業に就職し、それまで順調な人生を歩んできた様に見える青年が、適齢期になっても女性との性的関係を結べない原因があると聞いた時に、あなたならどのようなことを想像しますか。

1.女性よりも男性を愛してしまう同性愛者でしょうか。

2.性的な知識だけが欠けているのでしょうか?

3.異性である女性に対して性行為の場面であと一歩先に進めないなにかしら原因があるのでしょうか?

1番と2番目の問題は、自分の外側に対する問題ですから解決方法は自ずと見えますが、3番めの問題は、精神的あるいは性器の不具合である可能性があるといえるでしょう。 その中でも真性包茎や仮性包茎であることを誰にも相談できずに、一人悩んでしまうというケースは少なくありません。 思春期に知っておいたほうが良かった亀頭と包皮の変化や恥垢から発する悪臭の原因などについては、学校の教科書にほとんど書かれていません。 一番身近な母親に相談しても、思春期の我が子のおちんちんを間近に見たり、触ることなどできないでしょう。 このような運の悪さで包茎を放置してしまい、手術しか残されていない青年は、決して少なくはありません。