HOME > 包茎手術について学ぼう > 早漏(包茎は早漏のもとか…?)

早漏(包茎は早漏のもとか…?)

包茎の最も切実な悩みになるのが、性行為における早漏の問題でしょう。 たとえば仮性包茎の人は、包皮を何らかの方法でムイておかない限り、亀頭は包皮に包まれた状態にあります。 したがって、亀頭はいつも過保護の状態にあります。 いざ性行為という時に外部の刺激から守られてきた包茎の亀頭は、ちょっとした刺激にすぐ反応して、短時間で射精してしまう可能性が高くなります。 そのため、風俗で働く女性たちの意見として、包茎=早漏という構図は、一種の常識になっています。 もちろん仮性包茎だからといって、必ず早漏になるわけではありません。 性行為の経験が少ない若い時には、包茎でなくてもすぐに射精してしまうのが当たり前ですが、包茎の手術をしたことで、早漏の傾向が改善されたという意見があることは事実です。 性行為の相手が思いやりのある女性であっても、「包茎で早漏のダメな男」という固定観念に男性自身が悩んだ末に、インポテンツになってしまう若い人もいます。 勃起は精神的なところが大きく関わっていますので、包茎手術をすることで気持ちが吹っ切れて、自信を取り戻すケースも少なくありません。