HOME > 包茎手術について学ぼう > カントン包茎

カントン包茎

カントン(嵌頓)とは、「締め付ける」という意味です。 一般に、仮性包茎より余っている皮が多く、しかも包皮口が狭くなっている状態をいいます。 この包茎の場合も、勃起していない状態では、亀頭は包皮におおわれでいます。 仮性包茎の場合との違いは、亀頭を露出させようとすると、勃起していない状態でも痛みを伴うという点です。 無理やり手で皮をむき、亀頭を露出させることもできますが、元に戻すのに苦労することになります。 苦労しても、元に戻すことができればいいのですが、元に戻らないまま、男性器が包皮口に締め付けられると大変です。 この状態で勃起してしまうと、亀頭への血液やリンパ液の流を妨げて最悪の場合は亀頭が壊死してしまうことさえあります。 重度のカントン包茎の場合は、勃起していない時でも亀頭の露出が困難です。 したがって性行為やマスターベーションをする時に痛みを感じることにもなります。 性行為を楽しむということもできないでしょう。 カントン包茎は、男性器の成長が終わる10代後半までに症状の改善が見られなければ、ぜひとも早めに手術すべきです。