HOME > 包茎治療よくある質問

包茎治療よくある質問

包茎治療よくある質問

亀頭増大術にはどのような副作用がありますか。
亀頭増大術での副作用には、腫れ、内出血、皮膚の血行障害、アレルギー反応、亀頭部分の凹凸、シコリ、亀頭部分の感覚の低下、異物性肉芽腫、包皮のむくみなどがあげられます。亀頭増大術は、注入による治療のため極細ですが針を使用しますので、どうしても内出血や腫れが生じる恐れがあります。

注入に使用する素材はすべて医療用の安全な素材ですが、身体にとって異物であることには変わりありませんので、まれですがアレルギー反応が出ることもあります。注入量が多すぎる場合や、注入部位が適切でない場合に、皮膚の血行障害や凹凸が生じてしまうのです。

包皮にむくみが出る場合には、絞扼輪(包皮が狭くなっている部分)があるにもかかわらず、亀頭増大術を行った場合に生じることがあります。副作用を知るととても怖いように思いますが、ほとんどが適切な病院で経験豊富な医師による治療を受ければ、まず問題とはならないものばかりです。

包茎や治療についての悩みや不安についてDr.ノーストがお答えします。
なんでもお気軽にご相談下さい。