HOME > 包茎治療よくある質問

包茎治療よくある質問

包茎治療よくある質問

血糖値がやや高めです。糖尿病性包茎について教えてください。
糖尿病や糖尿病予備軍の方は、高血糖状態により動脈硬化おこし血流が悪くなり、包皮に必要な栄養や酸素が行き渡らず、慢性的な血行障害を起こします。そのことにより末端の炎症を起こし、様々な障害をきたすのですが、ペニスも例外ではありません。
ペニスでは、包皮に必要な栄養や酸素が行き渡らず、その結果包皮は栄養不足に陥り、糖尿病性包皮炎といわれる炎症を起こします。この包皮炎を繰り返すことで、包皮が線維化を起こし皮膚が固くなってしまいます。包皮が固く、柔軟性が失われるため、勃起すると包皮に亀裂が生じ、排尿時には亀裂部分に尿がしみて苦痛を感じます。
このような状態では、日常生活はもちろん、性交渉の際も痛みを感じますので、セックス自体が困難になってしまいます。また、勃起時には亀頭が露出していた仮性包茎の陰茎が、弾力を無くした包皮では、勃起しても包皮を剥けない状態になったり、癒着により真性包茎へと悪化する事もあります。
糖尿病患者の包茎手術は難易度が高いため、手術を拒否する場合もあります。東京ノーストクリニックなど専門の包茎手術クリニックに受診することをおすすめします。

包茎や治療についての悩みや不安についてDr.ノーストがお答えします。
なんでもお気軽にご相談下さい。