HOME > 包茎治療よくある質問

包茎治療よくある質問

包茎治療よくある質問

昔から包茎はだったのですが、年と共にペニスの皮の余りが多くなってきたような気がしています。ナニも年をとると縮んでくるのでしょうかね…。皮が邪魔でイケない時があり、焦ります。
実は当院では、高齢者の包茎手術が増加傾向にあります。包茎手術をお考えになった理由は様々ですが、中には元々包茎でなかったが、加齢とともに包茎になってしまったからという方がいらっしゃいます。そのようなケースに陥る原因として、加齢とともに出てきたお腹や、垂れた皮膚の中にペニスが埋まってしまうこと、あるいはペニス自体の委縮などがあります。
40代からこのような症状がある方もいらっしゃいますが、50,60代位から、発症する方が多いようです。ご相談者様もまさにそのような状態なのかもしれません。治療法として、包茎手術や長茎術が適応になります。包茎手術は、勃起した際に余っている包皮を切除し、亀頭に包皮が被らないような状態を作ります。長茎術は、体の中に埋没してしまっている状態の陰茎を引っ張り出し、陰茎の長さを長くします。個人差がありますが、4~10cmのサイズアップ効果があります。どちらの治療が効果的なのか判断するには、診察が必要です。宜しければご来院ください。

包茎や治療についての悩みや不安についてDr.ノーストがお答えします。
なんでもお気軽にご相談下さい。